gallery

HOME > GALLERY > HOUSE > 角地に建つ木造3階建住宅・A様邸

HOUSE

角地に建つ木造3階建住宅

A様邸

Aさん御夫妻が私のところに訪ねて来られたのは08年1月。その時点ではまだ敷地が決まっておらず、主に資金計画のご相談だった。その後良さそうな敷地が見つかったということで、現地に赴く。南東角地で環境的には問題がなく、ご要望の家は可能であることをお伝えし、結局Aさんはこの土地の購入を決断された。その時奥様は妊娠されており3月のご出産予定であることを知る。
1月下旬から赤ちゃんのいる若い3人家族の家の設計が始まった。ご希望の予算は2,100万円(税込)。

南区のこの敷地は地盤10mくらいのくいが必要な場所である。また、床暖房、将来の親との同居、18帖程度のLDK、ナチュラルテイストなインテリア、居間に階段を設けたいなどのご要望をいただく。正直予算としては厳しいと言う印象であった。
敷地の条件から、1階を寝室とし、2階をLDK、3階を子供室とし、予算的に低く抑えるためにも総3階のプランとして提案した。

また、Aさんご夫妻の感性はとても素晴らしく、低く抑えた天井の感覚、天井高のメリハリ、障子を通じた光の感覚など、私も感心させられた。お子さんはまだ小さく一人である。当面個室は必要ないので3階はオープンなスペースとし、将来間仕切を設けるようにしてある。又、LDKと連続した空間となるよう開放可能な建具で仕切られている。