CONCEPT

HOME > CONCEPT

アーキハウス10のコンセプト。

お施主様の話をよく聴く

どのような家を、どのような暮らしを求めておられるのか?

まずは、お施主様の想いをしっかりヒヤリングし、それに対してベストなご提案を
させて頂きます。もしかすると時には意見を変えて頂くこともあるかもしれません。
ご意見させて頂くのは、お施主様によりよい生活を送ってもらいたいという、
想いと願いを込めて家づくりを一緒に行いたいからです。

家づくりをされる方はほとんどが家づくり初心者であろうかと思います。
お施主様が本当に叶えたいと思うその事柄を叶える為に、そもそもどうして
そう考えられるようになったのかを、探っていき、より良いご提案ができたらと
思います。

いい家づくりの基本は、こうしたコミュニケーションから始まります。

住みやすく、住み心地が良く、耐久性・耐震性があり、時間と共に味わいが深まる
家がアーキハウスが建てる家の特徴です。

これを実現する為に、お施主様に納得して頂けるまで設計を練り、お施主様に納得
して頂けるような素材を選び、高い技術と熱意のある作り手と一緒にお施主様の
素敵な暮らしを実現する為に尽力いたします。

丈夫で機能的。いつまでも、色あせないデザイン

家を作ると言うよりも暮らしの場をつくる

事務所は仕事をする空間であるのに対し、家は家族が「暮らす」為の空間です。
アーキハウスでは、お施主様が楽しく豊かな暮らしを送ることのできるような
家を設計しています。

時には一人で勉強に集中でき、時には青空の下で友達を呼んで楽しいひと時を
過ごしたり。暮らしの中には色々なシーンが連続し、その中で子供たちは育ち、
家族が皆、年を重ねていきます。

お施主様が暮らしの場として選んだ敷地、そして予算の中でお施主様の夢が
最大限に反映出来るように設計いたします。

※敷地がまだ決まっていないお施主様には候補になった敷地について、どんな
 暮らしの場ができるのか、ご予算を念頭にアドバイスをさせていただきます。

住宅は一生に一度の大きな買い物です。
価値あるものをお値打ちにお施主様にお渡しいたします。

そのためには、段取り良く、施工者も一体となって無駄を排除し、
大切な資金を効果的に使います。

合理的に作ることで無駄な費用はかけない

良いチームワークで楽しい家づくりを

いい家が出来る為には、いい仲間が必要です。
設計者として常にチームの雰囲気を意識し、各々が持っている力を最大限に
発揮できるような現場づくりに努めてまいります。

また、私ども設計者や施工者だけでなく、お施主様もチームの一員として
一緒になって完成まで楽しんで家づくりが出来るようにサポートさせて頂きます。

良いチームワークが発揮できることこそ、いい家を作る一番の秘訣です。

なぜ、国産材を使用するのか?

その答えは環境や日本の文化を守ることにありますが、それだけでなく、
その家で育つ子供たちに何らかのメッセージが伝わると思うからです。
また、日本の住まいは日本の環境で育った木で作るのが自然と思うからです。

誰が育てた木なのか。
誰が選んだ木なのか。
そして、この木を誰が使用するのか?

ここまで意識した上で最適な木材を選択します。

国産材を使う

自然素材を使う

自然素材は暖かでやさしい感覚があります。

お施主様にはそんな暖かい住まいで暮らしていただきたいのです。

そして、時間とともに味わいが深まることもアーキハウスが自然素材を使う
理由の1つにあります。私自身が自然素材の家に暮らし、その表情、調湿や
脱臭などの機能性を肌で感じ、心の底からお勧めできると確信しております。

暖かい質感が楽しめる自然素材は、アーキハウスの家づくりに欠かせません。

お互いの価値観を融合し、お互いの意見を出しながら、美しくて、心地よくて、
面白みのある家を作りたいと思っています。竣工の時点は、もちろん美しい。

しかし、これが一番美しいかと言ったらそうではなく、お施主様が楽しく
家具や雑貨を揃え、庭を育て、家自体を育てていくことこそ、一番美しい
光景だと思います。

そして「この季節、この窓から綺麗に月が見えるなぁ」などと、生活の中で
何かを発見することは面白さのひとつにもなります。

そんないつまでも使い心地が良く、色あせない美しさを感じられる家づくり
を行います。

住むほどに美しさ、心地よさ、面白さを感じられるように

光と風と、そこから何が見えるかを大切に

これからの建築で大切なのは、
エアコンなどの機械設備に頼ることをなるべく控えることです。アーキハウスは
涼しい風が室内を通り抜けるような窓配置の工夫により、年中快適な空間をいかに
作り出すかを考えます。

また、家族が集まる場所には光が差し込むよう高い位置に窓を配置したり、
冬には暖かい日差しが入り込むようにしたり。

通風や採光の工夫だけではなく、その配置した窓から何が見えるかという
ことも計算し、敷地の恵みを生かした住宅設計を行います。

”家だけ”では住まいにはなりません。

庭は季節を感じ、その移ろいとともに家族の物語が積層していくし、
家具は毎日そこで生活するご家族の「暮らし」になくてはならないもの。

庭や家具も家と一体感を持ってデザイン、選定させていただきます。

庭や家具も暮らしには欠かすことはできない

GALLERY 時間と共に味わいと愛着が増す家づくりを目指して